11月某日、札幌市清田区の有明小学校様にて「紙の整理術」講座開催しました。

講師として呼んでいただきありがとうございました。

 

学級長様より、お問合せ頂いた時、紙だけに特化した講座がとても珍しい、

是非お願いしたいという内容でした。

とってもありがたく、お引き受けさせていただきました。

 

お伺いすると、玄関と、教室にはこのような案内盤が。
わざわざ作ってくださったなんて、とても感激しました!

 

講座中の様子、学級長様が撮影して下さいました。

メモを取りながら皆さん真剣に聞いておりました。

 

 

今回も感想を皆さんから書いてもらってますので、

一部分ですが、ご紹介します。

参加する動機を伺ってみました。

 

・片付けが苦手なので

・とにかく紙に支配されていて、捨てれずたまる一方で困っていました

・とにかく紙があふれているので

・子供2人が小学生にあがり、紙の量が大量になり、さばききれず、ややキャパオーバーになっているため

 

 

紙の整理で困る点も聞いております。

・思い出が関係しているものが捨てれません

・いらない紙といる紙のさかい目のようなもの

・仕事の資料

・大きさの違うものが困ります

 

講座でヒントになったことや、やってみようと思った事もお聞きしました。

・レシート管理

・定型にして保管する

・子供関連の物は親の主観より子供が取っておいて欲しいのかどうなのかを聞く

・実践していたこともあったのですが、まだまたあらためていろいろと捨てたり整理できるものがあるなあと思いました。

 

 

紙の整理で使用しているアプリや道具があるかも聞いてみました。

・レシートアプリは私もダメでした

・年賀状は、普通のノートに行間をかなりあけて、名前、住所全員書いて管理。その1冊があれば年賀状とっておかなくてもかける

 

受講後の感想です。

・皆さん、同じような悩みはあることがわかり、少し安心しました。省スペースで管理する工夫はまだまだあると感じました

・自分の性格を知りスッキリ、サッパリ整理していきたいと思いました。とても参考になりました。

・ありがとうございました。マメではないのでなかなかうまく出来ないのですが、ズボラでも出来る範囲で頑張りたいです。

・家の中をかかたづけるためのやる気スイッチがつきました(かたづけたいと思っていました)

 

皆様、ご参加ありがとうございました。

 

 

そして少し学校紹介を。

講座終了後、学級長様と役員の方に案内してもらいました。

 

学校の玄関に入ってすぐに目に入ってくる、「ようこそ」の手作り看板。

白樺の木などをつかって木の手作り人形?が鎮座。

各教室の案内看板は、手彫りの手作りです。

 

食堂があり、そこでいただきますをしてから、全学年一緒に給食を食べるんだそうです。

とても賑やかな感じが想像できます。お代わりは争奪戦なんだそうです!

右下の画像が、光が反射して見えにくですが、太陽光パネルが設置しているため、発電している様子がモニターで確認できるようになっていました。(すごい!)

 

 

そして、この木の画像は、この学校の名物といっても過言ではない、椎茸栽培の場所。

もうすべて収穫したあとでしたが、今年は雷や地震の影響で、椎茸は豊作だったそうです。

知っていましたか?  椎茸は振動を与えるとよく成長するんだそうです。

毎日、生徒たちが、原木(ほだ木というようです)をスプーンなどでトントン叩いて刺激を与えるんだそうです。

菌が活発になるそうです。

 

 

そしてグランドには、鹿の足跡と糞が!

山がすぐなので、現れるんだそうです。

同じ札幌とは思えない、自然いっぱいの環境でした。

案内ありがとうございました。

 

 

では、また。