紙の整理術講座講師として呼んでいただきました

9月某日、西岡北小学校様に

家庭教育学級講師として呼んでいただき

紙の整理術講座開催しました。

 

ご依頼頂いた時、学級長様から

「当学校の家庭教育学級生は少ないので、

何名から引き受けて頂けますか?」と

ご質問されました。

人数に制限は一切設けていませんので

その旨、ご説明しご依頼を受け賜りました。

 

他の講師の方もそうだと思いますが、

少ないからと言って引き受けないという事は

ないと思われます。

今回、5名の方に参加頂き開催となりました。

皆さんとの距離が近く、とても話やすかったです。

 

講座では、幼稚園・小学校のお母さん達が

抱える、身近な紙の収納にお困りごとが多く

そこに特化した、私のオリジナル講座と

なっています。

小学校になると、毎日、何かしらのお便り、

プリント等を持ち帰ってきます。

その他に作品や、書道の時間に書いた書など

まぁ、多岐にわたります。

形があるものは捨てにくく、収納も困るので

兄弟がいると、その分、倍の量になりますね。

そんなことを踏まえ、お話しています。

皆さまの感想

☆知らなかった気づかなかった方法が分かって

良かったです。思い切って、折ったり切ったり

する事も出来るのだと気づきました。

 

☆きちんと保存しなければならないと思って、

結局保存出来ないことが続いてましたが、

自分のパターンや新しい

ワザを柔軟に取り込んで行きたいと思います。

 

☆色々参考にしたいと思ったし、

モチベーションが上がった!

 

☆何でもとっておく習性のある私ですが

そのために片付かずストレスもたまっていました

思い切って捨ててみます。

心もスッキリすることを期待してます。

 

参加動機なども聞いてみました

☆残す紙、捨てる紙の基準が知りたかった

 

☆他の人がどういう収納をしているのか

聞いた事がなかったので

何かヒントになるものがあればと

思い参加しました。

 

☆年賀状をファイルにあいうえお順に

はさめていたが、もっとざっくりでよいかと…

 

☆イベントの紙―すぐには使わないけど少し

先に使う紙を捨てられず、忘れてしまって

ゴミになること。

テスト(済んだもの)―もったいなくて捨てられない

 

素敵な感想、率直なご意見ありがとう

ございます。

紙の整理がこの機会に進むと良いなと

思います。

 

 

そして、当初6月末に開催予定でしたが、

私の家族が病気で倒れ、

9月に変更していただく事となりましたことを

この場で再度お礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

受講された皆さま、ありがとうございました。